■ 食材について

牡蠣写真01

マガキは3月〜6月が一番うまい?!
牡蠣は産卵ギリギリ前の一番太った状態が一番おいしい!
もう卵が入りそうなギリギリ・・・少し入ってるくらいが最高なんです!
イワガキを夏牡蠣と言うように、これを春牡蠣といいます。

しかし!!カキ小屋フィーバーの生かきは夏でもうまい!
一年を通じて良質のかきを提供してます!年中いつでも新鮮な生牡蠣が食べられる!!

■ 漁師が語る「夏が旬」の牡蠣?!

牡蠣写真02

一般的に真牡蠣の旬は
「R」のつく月・9月(September)から4月(April)までと言われており、
鍋料理の食べたくなる冬の時期のイメージの強い牡蠣ですが、
カキ小屋フィーバーでは日本全国からその時期一番美味しいかきを厳選して提供してます!

春になり森が豊かになると、海中に豊かな湧き水が流れ込むので、
初夏にかけてより一層大きく美味しい牡蠣が育ちます。

■「海のミルク」牡蠣の豊富な栄養

牡蠣写真03

紫外線に負けない!美肌成分がてんこもり!

牡蠣には、美肌成分である亜鉛が豊富に含まれています(豚肉の3〜5倍)
亜鉛には細胞分裂を活性化させ、皮膚の再生を促進する効果があり、
肌荒れの改善やアンチエイジング効果、シミなどの改善に効果のある成分が豊富。
また、亜鉛以外にもアミノ酸やビタミン類も多く含まれており、

まさに美肌成分のオンパレード!!

■ ついついビールが進んでも、牡蠣を食べれば二日酔い知らず!

牡蠣写真04

さらに牡蠣には、カラダを正常な働きに戻してくれる作用のあるタウリンが、
100g中約1130mgも含まれています。
これは肝臓の機能を高め、コレステロール値を抑えるなどの働きがある成分。
アルコールの分解も促進するため、二日酔いになりにくいと言われています。

カキ小屋フィーバーでは・・・

ひとつひとつ、人の目で確かめ、本当に良いものだけを厳選してお届けしています。
必ず一つひとつの商品を人の目での安全性をチェックしますので、品質には絶対の自信があります。
効率よりも品質を優先、「心」まで一緒にお届けたい。
これがカキ小屋フィーバーのコンセプトです。

Page Top